仲裁方式を通して契約紛争や他の財産権紛争を解決する

    2013-06-04

  仲裁委員会は、当事者の間の仲裁合意により、《中華人民共和国仲裁法》の規定に従ってケースを受理し、裁決する。当事者が仲裁方式を通して紛争を解決する場合、双方は自由意志で、仲裁合意に達する必要がある。仲裁合意がなく、一方当事者が仲裁を申請する場合、仲裁委員会は受理しない。当事者が仲裁合意に達し、一方当事者が人民裁判所に起訴する場合、人民裁判所は受理しない。ただし、無効な仲裁合意の場合を除く。仲裁は「一回の裁決が最終的な拘束力を持つ」制度を実施する。仲裁の裁決は人民裁判所の最終判決と同じ法的効力を持つ。一方当事者が仲裁裁決を履行しない場合、相手当事者は《中華人名共和国民事訴訟法》の関連規定に従い、管轄権を持つ人民裁判所に強制執行を申請することができる。

  武漢仲裁委員会の仲裁条項の例:本契約に起因するまたは本契約に関する争議について、武漢仲裁委員会に提出し、仲裁申請時の現行の有効な仲裁規則により仲裁する必要がある。仲裁裁決は最終的なものであり、双方に対し拘束力を持つ。

  電話番号:027-59510888、59512828、59512840

  住所:江岸区雲林街67号

  ウェブサイト:http://www.whac.org.cn