磨山

    2013-06-04

  磨山は東湖風景区に古代楚国の初の都市所在地であり、東、西、北の三面が水に接する。東西方向の長さが2200メートルで、南北方向の幅が500メートルである。磨山に6つの山がある。楚文化をテーマとする。磨山に「楚市、楚天台、唯楚有才」彫塑園がある。磨山に楚文化の懐旧雰囲気と古典美が溢れる。