武漢の土産-武昌魚

    2013-06-03

  武昌魚は武漢市江夏区と鄂州市共同管轄下の梁子湖に生息している。この湖は湖面が広く、長江に直通していて、長江の水が流れ込んできているため、水質がよく、餌が豊富で、武昌魚が繁殖しやすい。

  武昌魚はヒラウオの一種類に属する、別名「団の頭ヒラウオ」。体型は扁平に呈し、重さは500グラムくらい或は1000-1500グラムで、肉は白くて柔らかくて豊かな蛋白質や脂肪を含んでいて貴重な淡水魚料理に属する。 特に毛澤東の主席が「長江の水を飲み、武昌の魚を食す」と有名な詩句を発表して、武昌魚の名を更に全国にとどろかせた。

  武昌魚では味の違う魚料理を数十種類調理できる。例えば清蒸し武昌魚、花醸武昌魚、蝶蝶武昌魚、マオダイ武昌魚、鶏粥バター武昌魚、醤油煮込み武昌魚、ヤマモモ武昌魚、白雪カラウメ武昌魚などがある。特に清蒸し武昌魚は芳しくて肉が柔らかくて人口に膾炙していて、国内外に名を馳せている高級料理だ。