武漢の土産-武漢の絹花

    2013-06-03

  武漢の絹花は100年以上の歴史を持つ。絹花の職人たちは宮廷の伝統的な絹花の制作技法を吸収し、南北の民間絹花制作技法を取り入れ、既存の通草花、括绒花の技法を発展させ、絹花を作る。絹花は绸花(薄絹)とも呼ばれ、絹、絹織物、続、サテンなど高級織物で各種の花を作り出す。何代の人の努力により、地域特色の溢れる武漢絹花工芸が形成された。武漢絹花のデザインが巧妙で、色付けも自然で、本物にそっくりだ。職人達は高級な綾、緞子、絹、絹織物などを選んで、真偽を見分け難い、美しさが生花と匹敵できる各種の瓶花、コサージュ、帽章、盆栽などをつくる。武漢の絹花の伝統品種は:おっとりして美しいボタン、ふっくらして鮮やかなバラ、可愛らしいコウシンバラ、雪にそびえ立つ凛々しいロウバイ、風を受けて揺らめく断崖の菊、紫蘭香、大理花など名高い花や各種の名の知れない草花など、千種類に達している。本当に百花斉放、自然の物より勝るとも言える。武漢工芸花工場により生産された絹花は色鮮やかで、本物にそっくりして、武漢や国内だけでなく、日本、欧米、東南アジアの二十余りの国と地域で販売している。