武漢のリフェン-漢口リフェン建築の魅力

    2013-06-05

  漢口のリフェン民居は、ここ百年間の民居文化の縮図であり、漢口開埠後の西方低層タウンハウスと中国伝統の四合院建築の結合体であり、東西方文化交流の産物であり、「中西建築文化融合」のサンプルである。リフェンの建築構造特色やその本身が持つ学術研究や審美価値は、ますます人々に関心された。それは、都市建築が個性化時代に氾濫される今日、歴史建築文化のスポットライトとなる。

  1908年に建てられた泰興里、民国初年に建てられた咸安坊は第一段階の逸品だった。1932年の同興里、1934年の六也村、1936年の江漢村は高級住宅の代表だった。例えば、咸安坊の順列と組み合わせはリフェン形式であるが、単体が別荘の特徴を持つ。平面で見れば、それは前天井、後天井がある。この前天井、後天井は、「部屋の過渡性」と「補助部屋と母屋の間の接続空間」ではなく、外部干渉を減少する特定空間である。

  リフェン住宅は全体的に4種類である。各種類は異なる形式の対称パターンである:①一つの総巷が貫き、左右に対称の支巷がある。例えば、三徳里、坤厚里。②一つの総巷が貫き、支巷が一側にある。③一つの総巷が貫き、支巷が左側と右側に入り交じて配置する。例えば、咸安坊、宏偉里。④一つの総巷が貫き、左側と右側のドアが向かって、曲げ変化がある。その目的は、リフェンに静かな空間を形成し、「短くて真っ直ぐなリフェンが大きな外部干渉を受けること」を避ける。一部の大きなリフェンは、実にこのいくつかのリフェンを統合した。

  全体レイアウトにおいて、リフェンは伝統建築に比べて、土地利用率をより向上し、伝統的な庭を廃棄し、両側の部屋と堂屋と間の庭を天井として圧縮し、住宅の幅を減少し、台所など補助部屋と後天井の居住部分を隔離する。後天井は、過渡的、通風の空間となる。リフェン建築が漢口に入った時に既に成熟したので、漢口のリフェンは最初から二階建て住宅だった。

  漢口は長江沿線の三大火炉の一つである。リフェンを建てるプロセスには、室内高温を緩和する設計が重視された。その方法は、良い通風を行い、日光遮り設備を設置する。住宅の窓が両層であり、中にガラス窓があり、外層が木製シャッターである。これは、漢口の熱い気候条件に適する建築方法である。

  都市建設の急速な発展に伴って、都市に分布しているこれらの建築珍品は高層ビル群に壊れ果てたが、それが受け乗せる都市歴史、建築のユニークな魅力、及び「リフェン公共空間に溢れる打ち解ける町内関係」は、内在の生命力を示している。