武漢の民俗-長江横断水泳

    2013-06-07

  武漢に長江横断水泳の大型イベントが始まったのは20 世紀 30 年代。 1956 年、毛沢東主席は武漢で長江を泳がれた後、名詩《水 调 歌 头 · 游泳》を書き残された。それがきっかけで、長江横断水泳は世界に名が知られた。

  現在にいたるまで、武漢は長江横断水泳のイベントを29回も開催した。 1991 年に第一回「国際長江横断水泳祭り」が開催され、 「長江横断水泳 」 を中心として、さまざまなビジネス貿易交流と大型文芸演出などのイベントも行われた。国内外からゲストが招かれ、長江を泳ぎ渡ったり武漢見物をしたりして、悠久な楚文化と武漢の現代文明を体験した。