文物管理

    2013-06-04

  税関は、入国旅客が文物を持って入国することを許可する。その文物を持って出国する場合、入国時、税関に詳しく申告し、文物鑑定所で手続きを取り扱う必要がある。内容は、品名、数量、年代、規格、品質、タイプなどを含む。必要時、写真を提供し、税関の検査を受けた後、登記する。文物を持って出国する場合、税関は、入国時の申告登記書を検査し、通過を許す。

  文物(故の現代著名書画家の作品を含む)を携帯、郵送、託送して出国する場合、税関に申告し、国家文物鑑定所の提供した文物出国許可証または文物古跡輸出の統一な送り状を提出して審査を受ける必要がある。税関は、証明書類により、文物の鑑定標識を検査して通過を許す。文物を携帯、郵送、託送して輸出する場合、税関に申告しない場合、隠すかどうかに関わらず、税関は法律により処理する。