ビザ免除の人員

    2013-06-04

  外国人の入国に役立つために、多くの国はビザ相互免除のやり方を取った。下記外国人が中国大陸に入国する場合、ビザを持たなくてもいい:

  1、中国政府と「ビザ相互免除合意書」を締結した国のパスポートを持つ外国人。現在、中国と「ビザ相互免除合意書」を締結した国は、キューバ、メキシコ、ベネズエラなど53ヶ国である。合意書に従い、これらの国の外交、公務など、非私事の一般パスポートを持つ外国人は、ビザなしに中国大陸に入国できる。

  2、乗り継ぎ便のチケットを持ち、乗り継ぎ席を予約した、国際便に乗って中国から直接に通過し、通過都市で滞在する時間が24時間以下で、空港を出ない場合、通過ビザがなくてもいい。空港を離れる場合、国境警備隊に滞在許可を申請する必要がある。

  3、国際航行船舶が中国の港で停泊する期間に、外国船員やその随行家族が上陸を要求し、港の都市を離れない場合、国境警備隊に上陸証を申請する。陸地で宿泊する場合、宿泊証を申請する(港の都市以外の地区に行く人、または元の船舶に従って出国できない人を除く)。

  4、ロシア、ベラルーシ、トルクメニスタン、モルドバの公民団体の観光はビザを持たなくてもいい。

  5、一般パスポートを持つ日本、シンガポール、ブルネイなど三つの国の公民は、ピザなしに中国に入って15日間滞在することができる。