不動産賃貸の注意事項

    2013-06-04

  1、不動産ライセンスや関連身分証明書、戸籍簿原本を調べて、賃貸人の賃貸資格、及び賃貸物件の所有権、抵当など状況を確認する。

  2、賃貸物件がオフィス、経営など用途である場合、賃借した物件はオフィス、商業サービス用とする必要がある。土地用途が非住宅である。でなければ、営業許可証を取り扱うことができない。

  3、工商と不動産管理部門の共同制定した規範化フォーマットの契約文書を使用した方がいい。契約文書は不動産市場情報網(SCXX.WHFCJ.GOV.CN)からダウンロードされることができる。

  4、当該物件に賃貸情報が既に登録されたかどうか調べる。でなければ、新しい賃貸借契約の登録手続きを取り扱うことができない。

  5、賃料を支払う場合、賃貸人に領収書を請求しなければならない。