不動産売買の注意事項

    2013-06-04

  国内で一年以上勤務、学習した外国人は、実際ニーズに合う自分使用・居住の分譲住宅を購入できる。自分使用・居住の用途以外の分譲住宅を購入してはならない。

  適格の国外機関や個人が自分使用・居住の分譲住宅を購入する場合、実名制を利用し、有効な証明書(中国で勤務、勉強し、中国側に承認される証明)を持って、土地と不動産主管部門で、関連の土地使用権や不動産所有権登記手続きを取り扱う。

  外国人関連の不動産売買契約が公証を受ける必要がある。授権して当該不動産を処理する授権委託書も公証または弁護士の証明を行う必要がある。