交通事故処理

    2013-06-04

  1、道路で交通事故が発生した後、運転手は直ちに駐車し、現場を保護する必要がある。

  2、人身傷害を引き起こす場合、運転手は直ちに負傷者の応急手当をして、速やかに当番の交通警察または公安機関交通管理部門に報告する必要がある。負傷者の応急手当をするために現場を変更した場合、位置を標識する必要がある。

  3、道路交通事故で人身傷害を引き起こしていない、当事者が事実や事故原因について争議なし、車が移動できる場合、当事者は、安全を確保する原則で、現場の写真を撮り、または事故車両現場位置を地面に標識した後、直ちに現場から撤去し、車を「交通を妨害しない場所」に移動してから、協議する必要がある。自動車の間に発生した車両損害事故の場合、双方は相互に電話番号を確認した後、24時間以内に共同で近所の保険賠償拠点で賠償事項を取り扱うことができる。直ちに現場から撤去しない場合、速やかに当番の交通警察または公安機関交通管理部門に報告する必要がある。