外国人の免税待遇

    2013-06-04

  「中国国内で住所なし、でも一つの納税年度に中国国内で連続/累計で90日間以下居住した」個人の「中国国内からの所得」について、国外の雇主が支払った、且つ当該雇主の「中国国内における機構、場所」が負担していない部分について、個人所得税を納める必要がない。

  下記プロジェクトで、個人所得税を一時的に免除することができる:

  1、国の関連法律により免税すべき各国の大使館、領事館の外交代表、領事官や他の人員の所得。

  2、国の規定に該当する外国専門家の賃金、給与所得。

  3、外国人が非現金形式または清算形式で取得した住宅手当、食事手当、引越し代、洗濯代、合理的な基準により取得した出張手当、里帰り費用、言語訓練費、子供教育費。

  4、外国人が中外合弁企業から取得した配当金、賞与。

  5、中国政府が参加した国際公約、締結した合意書に規定されている免税の所得。