納税方式と申告

    2013-06-04

  所得を支払った会社/機関と個人は、源泉徴収義務者として、所得を支払う時、税金の源泉徴収を行う。

  納税者は、次のいずれかの場合、規定通り自ら主管税務機関で納税申告を行い、または税務代理人に委託して納税申告を代行させる:

  1、年間所得が12万元以上である。

  2、中国国内の二つ以上の場所から賃金、給与所得を取得した。

  3、中国国外から所得を取得した。

  4、納税すべき所得を取得し、源泉徴収義務者がいない