外国人の子供の就学

    2013-06-04

  中国の現行学制は規定した:小学6年、中学6年、短大2~3年、本科4~5年、修士と博士が2~3年。1学年は二つの学期に分けられる。各学期が約21週間。第一学期は9月1日から翌年の1月中旬まで。第二学期は2月中旬から7月初めまで。毎年に冬休み、夏休みが合計約10週間。

  満18歳、中国高等学校卒業またはその以上の学歴を持ち、体が健康で、一般パスポートを持つ外国公民は、留学生を募集する大学での学習/研修を申請できる。

  外国人が武漢市の中小学で就学する場合、教育部の《中小学の外国人生徒受け入れの管理暫定方法》により学習類の居留許可を取り扱うことができる。武漢市の大学で就学する場合、教育部の《大学の外国人留学生受け入れの管理規定》により学習類の居留許可を取り扱うことができる。

  申請者が一般パスポートとX字ビザを持って入国する場合、学校の入学通知書など関連資料により、武漢市公安局出入国管理処で居留許可を申請する。

  武漢で居留する外国人の学齢児童は《湖北省居住証》により居住地の近くの学校に入学し、または武漢の国際学校に入学することができる。

  武漢市の国際学校: 

  1、武漢長江国際学校

  武漢長江国際学校は2011年に教育部の正式な承認を受けた。今、湖北省の唯一の外国人子供学校である。現在、武漢経済技術開発区の三角湖小学内に学校を運営している。世界19ヶ国や地域からの100人余りの外国人子供はここで幼稚園から高校までの教育を受ける。当学校は、アメリカ、カナダなど国からの外国人教師20人余りを招聘し、アメリカと同期する教育教学及び同じ管理方式を実施していた。学校は、有名な国際機関「世界先進教育促進機関(AdvanceED)」の認定を受けた。

  連絡者:黄自力(人的資源主管者)

  電話番号:027-84238713-105

  学校住所:武漢経済技術開発区三角湖小学内

  2武漢楓葉国際学校

  2007年、武漢市教育局とカナダブリティッシュコロンビア州(BC)教育部の承認を受け、中国楓葉教育グループによって設立された国際学校である。楓葉教育グループが華中地区の重要都市での外国人学校として、武漢楓葉国際学校は設立日から、楓葉教育の「中国と西洋を融合し、真心から人を育てる」の理念に基づき、最も高品質の教育教学資源をキャンパスに取り入れた。

  連絡者:李鳳霞(学校オフィスの主任)

  電話番号: 027-81925706

  学校住所:東湖新技術開発区民族大道330号