ハンカチノキは武漢で3年連続開花で珍景

    2019-04-09

4.9.jpg

 8日、武漢市園林科普公園で観覧している市民たちは、貴重な植物であるハンカチノキがまた開花したことに気づきました。これは、同一組のハンカチノキの3年連続の開花となりました。専門家によると、ハンカチノキが武漢で生き残ることは既に困難なのに、数年連続開花はさらに稀に見ることです。

統計データによると、現在、武漢の都市部に植栽されるハンカチノキの数は極めて少なく、武漢大学と武漢植物園にはそれぞれ2本、華中科技大学には18本あります。