武漢 2019年世界こどもの日―「こどもの未来を輝かせる」グローバル・ユースフェスティバルに参加

    2019-11-21

TIM图片20191224175240.jpg

    11月20日夜、「児童の権利に関する条約」締約30周年に際して、国連児童基金会主催の2019年世界こどもの日「こどもの未来を輝かせる」ユースフェスティバルが全世界にて開催された。武漢市は、中国中部地域の唯一の特大都市として本年度の世界こどもの日―「こどもの未来を輝かせる」グローバル・ユースフェスティバルに参加した。 

 日が暮れると、武漢市江岸区天悦外灘金融センターと武昌区積玉橋武漢ワンダセンターは、こどもの友好を象徴するブルーライトを点灯し、「世界こどもの日」、「こどもの未来を輝かせる」等のトピックスローガンをローリングディスプレイさせた。また、「夢幻江城」のライトショーと輝き映えながら、世界にこどもたちの友好の声を伝える一方、武漢市民にこども愛護の理念をアピールすることにより、社会全体がこどもの生存、成長と権利保護に関心を払うよう促した。