武漢市に新型肺炎専門病院を建設 SARS対応をモデルに

    2020-01-25

QQ截图20200211160927.png

24日、武漢市蔡甸区の新型コロナウイルス肺炎専門病院の建設現場。(小型無人機から、武漢=新華社記者/肖芸九) 

【新華社武漢1月25日】中国湖北省武漢市の新型コロナウイルス肺炎感染予防制御指揮部(対策本部)は24日、同肺炎患者の治療を強化するため、2003年に重症急性呼吸器症候群(SARS)が発生した際に対応した北京小湯山医院を参考に、建築面積2万5千平方メートルの専門病院を建設し、来月3日までに完成させ、使用開始することを明らかにした。