新型コロナウイルス肺炎軽症患者向けの臨時医療施設を設置 武漢市

    2020-02-05

QQ截图20200211161538.png

【新華社武漢2月5日】中国湖北省武漢市の3カ所で3日夜に改築工事を開始した新型コロナウイルス肺炎患者向けの臨時医療施設は、4日朝までに仮設ベッド数百床の配置を終えた。3病院はそれぞれ武漢国際会展中心(エキシビション・コンベンションセンター)、洪山体育館、武漢客庁に位置し、主に新型コロナウイルスによる肺炎の軽症患者を受け入れる。病床は3400床になる見通し。