「外国雷鋒」ボランティアチームは武漢ミリタリーワールドゲームズに全員参加

    2019-04-05

 4日、「ミリタリーワールドゲームズと共に、ボランティアの風采を見せる」をテーマとする武漢ミリタリーワールドゲームズ都市ボランティア募集活動は大学キャンパスで開催されました。最初の開催地となる華中師範大学では、「外国雷鋒」ボランティアチーム、「生命の光」サービスチームなど数多くのボランティアチームのメンバー達は『武漢ミリタリーワールドゲームズ主催国文明公約』を宣言し、そしてミリタリーワールドゲームズクイズにより応募しにきた500人余りの大学生達と熱く交流しました。

2012年に設立された「外国雷鋒」ボランティアチームは現在、50ヶ国以上の留学生メンバー178人を有します。彼らは武漢のコミュニティ、学校、老人施設などの場所に行き、義務献血や教育支援をしたり、独居高齢者を見舞ったり、環境保護、地下鉄での道案内および春運支援など数百ものイベントに参加しました。

情報によると、募集活動が始動した以来、武漢市は既に5万人余りのミリタリーワールドゲームズボランティアを募りました。