武漢の公共交通機関利用意欲は全国トップ2位

    2019-07-20

最近、高徳地図(Amap)は国家情報センタービッグデータ発展部、中国社会科学院社会学研究所、清華大学-ダイムラー持続可能交通研究センター、同済大学スマート交通運輸システム(ITS)研究センター、未来交通と都市計算連合実験室、阿里雲(アリババクラウド)などの機関が共同で『2019Q2中国主要都市交通分析報告書』を発表した。

同「報告書」によると、公共交通機関(地下鉄)の利用意欲ランキングは武漢が北京(トップ1位)に次ぐ全国トップ2位となり、長沙が3位となった。

これは武漢の公共交通機関(地下鉄)の利用幸福指数が高く、同市の公共交通機関(地下鉄)の能率・信頼性・都市交通の総合的なパフォーマンスが良いことを意味している。