武漢の2つの団体と5人は国家級栄誉を受賞

    2019-09-28

27日午前、全国民族団結向上表彰大会は北京にて開催された。大会は全国民族団結向上模範団体と模範個人を表彰し、665の模範団体と812の模範個人は表彰を受けた。そのうち、武漢からの2つの団体と5人は表彰を受けた。団体は武漢市漢鉄高校と武漢新疆籍人員向けサービス管理事務所であり、個人は武漢唐古拉漢蔵文化交流有限公司董事長スランダンチェンチュペ、武漢市塔里木清真飲食管理有限公司董事長クルバンジャン・タイウコリ、洪山区卓刀泉街魯広コミュニティ書記厳文芳、武漢市公安局東湖新技術開発区支局鉄箕山交番人民警察夏清良と武漢市民族宗教事務委員会処長梁軍である。