第10回漢口北商品交易会 11月28日に盛大に開幕

源: 長江日報     2019-11-25

10回漢口北商品交易会(以下「第10回漢交会」と略する)は、11月28日、漢口北国際商品交易センターにて盛大に開幕されるでしょう。 

10回漢交会は、「全世界の夢を叶え、知能化の未来へ」というテーマの下で、1ヶ月間開催される予定です。大会は、「国際化時流化革新化」の開催目標を掲げ、漢口北「オンラインとオフラインの融合」「対内と対外貿易の融合」「卸売と体験式消費の融合」といった3つの高度発展への方向と成果に着目する一方、インダストリアルインターネット、実体卸売市場と小売消費市場を三次元から交差・融合させます。 

   今回の大会は、輸入品、服装、靴類、自動車、文化・体育用品、ホテル用品、労働安全衛生保護具、ペット用品等の30の展示エリアに分けられています。全世界120か国からの大手メーカー、中国各業界の大手企業およびメーカーは、競争力のある製品を展示することになっています。その品目は、食品、技術製品、母子用品、家庭用品、繊維製品、化粧品等の1万以上に及んでいます。 

更に、今回の漢交会期間中に、2019中国(武漢)インダストリアルインターネット・サミット、第2回中国中部輸入品博覧会、ホテル用品、文化・体育用品等の五大業界博覧会、漢口北電子商業ライブフェス、華中地域最初の多国間電子商業体験センターの開業等の「ハイライト、大規模、イノベーション」を特徴とするブランド・マーケティング活動も開催される予定。漢口北電子商ライブ産業基地、漢口北知能化保管センター、衆邦銀行オンライン・サプライチェーン金融商品が新たに登場し、商流・物流・資金流を繋げ、実体市場の構造転換と高度化及び全面的成長に向け、全方位からソリューションを与えるでしょう。また、中国国内外の企業は購買と貿易の商談を進め、インダストリアルインターネット業界の有識者も一堂に会し、出展企業および業者向けの展示・発表・交流・取引の共有プラットフォームが構築されるでしょう。