第4回楚商大会 本日開催

源: 長江日報     2019-12-20

 20日、馬雲、陳東昇、雷軍、劉永好、董明珠等の中国有名な実業家が武漢に集まり、第4回(全世界)楚商大会に参加する。 

 2011年、省委員会・省政府は「湖北省商人グループ」を「楚商」と正式に命名し、2年ごとに楚商大会を開催することにした。2013年の第1回楚商大会以来、3回連続で開催されており、湖北省の企業誘致、才能誘致及び対外開放の重要なプラットフォームとなっている。 

 20日に行われる開会式では、陳東昇、雷軍、董明珠、馬雲等の有名な実業家がそれぞれ自分の心得を語る予定である。 

 消息筋によると、先進製造業、現代サービス業、工業、観光文化、商業貿易業、新エネルギー、環境保護テクノロジー、農業、eコマースなどの分野をカバーした多数の重大プロジェクトが楚商大会で集中的に調印されるという。 

 楚商大会には、楚商「一帯一路」交流協力フォーラム、楚商が「一芯駆動、二帯支え、三区協同」に融合する発展フォーラム、民間企業リスクコントロール・フォーラム、新ビジネス群サミットフォーラム、湖北文化観光誘致プレゼン会及び楚商5年間回顧展からなる6つの分科会活動が設けられる。