武漢都市圏

    2013-06-04

  武漢都市圏は「1+8」都市圏であり(武漢市、咸寧市、黄岡市、孝感市、鄂州市、仙桃市、天門市、潜江市、黄石市を含む)、全国の資源節約型、環境友好型社会建設総合改革の実験区である。都市圏には、政府部門は積極的に市場障壁を取り除き、協力プラットフォームを構築する。工商、人事、教育など部門は、市場アクセス、人材流動、子供入学、住民就業などにおいて一体化の政策フレームワークを構築し、都市圏の全体競争力を高めることを保証する。武漢都市圏の「資源節約型、環境友好型」テストエリア《全体方案》が正式に国務院の返事を受けたことに伴い、武漢都市圏は、長江デルタ、珠江デルタ、環渤海都市圏に次ぐ、もう一つの迅速に成長する中国経済の新しい都市圏となっている。