武漢東湖新技術開発区

    2013-06-04

  武漢東湖新技術開発区は武漢東南部に位置し、交通が便利で、京珠、滬蓉高速道路がここで交差し、周辺に多くの国道があり、総計画面積が518平方キロである。20年間の努力を通して、武漢東湖新技術開発区では、光電子情報産業を特色として、多くの産業が先を争って発展するレイアウトが形成した。開発区内の重点産業は下記を含む:1、光電子情報産業。2、生物医学産業。3、新エネルギー・環境保護産業。4、ハイエンド設備製造産業。5、ハイテクサービス産業。    

  武漢東湖新技術開発区は、強大な科学研究力により、特別研究開発基金を提供し、先進的な研究開発センターを育成して引きつけ、中国の重要な光電子情報、生物医学、環境保護、現代設備製造、ハイテク農業など産業の研究開発基地になるように努力している。それは、国内一流の大学及び完備した革新孵化体制を持ち、人間本位の現代生活・創業の環境を構築した:1、56ヶ所の国、省部級の科学研究機関。2、14ヶ所の国家重点実験室。3、 1つの全国唯一の国家光電実験室。4、 65個の国家重点学科。5、 15ヶ所の国家工程技術研究センター。6、 5ヶ所の国家級企業技術センター。7、 42ヶ所の大学/短大で、武漢大学総数の80%を占める。8、 59名の両院院士。