武漢経済技術開発区

    2013-06-04

  武漢経済技術開発区の発展空間が広く、地域優位性が明らかである。市中心部、武昌駅から15キロ。天河空港から30キロ。総計画面積が202.7平方キロ。 

  2010年末にかけて、武漢経済技術開発区では、初の千億元産業「自動車産業」が形成した。一年間に規模以上工業生産高1508.4億元を実現した。自動車や自動車部品産業のおかげで、2010年、電子電器産業は工業生産高356.2億元を実現し、武漢経済技術開発区の第二大の主力産業となった。園内の産業は、単一化から産業総合化へ変わって、各国の著名な企業を引きつけて園区で投資・発展した。「第12回の五カ年計画」期間に、武漢経済技術開発区は四つの千億元産業を発展する予定である。それぞれ:自動車や自動車部品、電子電器、新エネルギー、新材料、現代サービス業。