武漢呉家山経済技術開発区

    2013-06-04

  武漢呉家山経済技術開発区は武漢市漢口地区に位置し、江岸区、江漢区、礄口区と隣接し、漢渝鉄道、京広鉄道、京珠高速道路、滬蓉高速道路、蘭杭高速道路、107国道、318国道は開発区を通り抜ける。漢江に隣接し、長江に直通し、優れた地域優位性や便利な交通優位性を持っている。総計画面積が497平方キロ。武漢市委、市政府は、武漢呉家山経済技術開発区を中部最大の台湾企業密集地、武漢市の新たな「千億経済区」、武漢市の「資源節約、環境にやさしい社会」の建設模範園区や海峡両岸の良好なコミュニケーションプラットフォームとして建設することを決めた。 

  「第12回の五カ年計画」期間に、武漢呉家山経済技術開発区は、アップグレードのチャンスを把握し、高い起点で計画し、高い基準で建設し、「一つのコアから拡張し、二つの軸で影響力を生かし、多くの団地が集まる」という空間レイアウトに従い、常規を超えて新型工業化を推進し、武漢ないし中部地区の最大のハイテク機電製品加工基地、バイオテクノロジー食品製造基地や輸出入物流・貿易センターを建設する。2015年にかけて、工業生産高2000億元を完成し、大漢口区域の大発展を促進する武漢産業発展「第三極」になる見込みである。